ヤフオクでの再出品を容易にできる無料ツールをご紹介!

ヤフオク 再出品

ヤフオクで商品を出品する際、似たような商品を複数出品する場合や出品終了した商品を再出品するのって、非常に手間がかかりませんか?

 

出品数が少ない場合はいいのですが、出品数が多くなると非常に面倒臭くなりますよね。特に再出品なんかは毎回毎回とても面倒臭いです。

 

今回は、ヤフオクでの複数出品や再出品を少しでも簡単にしてくれる便利なツールをご紹介したいと思います。

 

AppTool(アップツール)とAuctown(オークタウン)

 似たような複数出品したり、出品した商品を一括で再出品できる便利な無料ツール、それが、AppTool(アップツール)とAuctown(オークタウン)です。

 

共通している部分をいくつか以下にまとめておきます。

 

  • 無料で使える
  • 簡単に商品を一括出品(再出品)できる
  • 商品情報を保存、商品登録を容易に行える
  • 商品画像の管理が可能
  • 出品登録時のよく使うカテゴリをお気に入り登録できる
  • 取引ナビや評価の文章のテンプレート保存が可能
  • 落札者へ対して一括評価が可能

 

簡単に書きましたが、上記の様に非常に便利な機能が揃っています。

 

どちらも似たようなツールですので、どちらかお好きな方を選んで使用すればいいと思います。

 

もちろん、それぞれ特徴もあるので、場合に合わせて使い分けていくのもアリです。

 

AppTool(アップツール)の特徴

出品中の商品の管理画面が非常に見やすいのがAppToolです。

 

AppTool アップツール

 

アクセス数、ウォッチ数、入札数順などの並び替えの機能があり、入札されている商品に関しては、色付きで即座に把握することができます。

 

特に、AppToolが優れているなと思うのが、「売上レポート」という機能で、月ごとの落札件数、落札個数、落札金額を集計し、月ごとの売上を容易に把握することができます。落札件数、落札個数、落札金額は棒グラフや折れ線グラフでも表示されます。

 

また、売上のCSVファイルをダウンロードすることもできます。

 

アップツール 売上レポート

 

これは、ヤフオクの管理画面にもない素晴らしい機能です。これだけで、AppToolを使用する価値があります。

 

Auctown(オークタウン)の特徴

AppToolと違って、出品終了後の商品の管理画面が非常に見やすいと思うのがAuctownです

 

AucTown オークタウン

 

商品登録・出品機能も優れています。CSVファイルで商品情報の保存や一括商品登録も出来るので、大量出品にも非常に便利です。

 

また、支払いや発送詳細、有料オプション項目などのパターンを保存できるので商品ごとにそれらの項目が違う場合は、容易に変更が可能です。

 

さらには、予約出品という機能がついており、指定した日時になったら自動で出品してくれます。

 

これらの機能は、AppToolにはありません。

 

出品終了した商品を再出品する際に、価格や個数を商品ページごとに変更して再出品する場合は、Auctownの方がいいです。

 

また、再出品の際に、支払いや発送詳細、有料オプション項目なども一括変更できます。

 

ヤフオクの「下書き」機能を活用しよう!

ヤフオクで似たような商品を複数品出品したい場合に、その都度、カテゴリを選択して、商品説明を書いて、画像をアップして・・・というのは少々面倒ですよね。

 

もちろん、AppToolやAuctownといったツールを利用すれば、それが容易になるわけですが、ヤフオクのサイトにも標準で「下書き」という便利な機能が標準で備わっています。

 

利用方法は簡単で、ヤフオクで出品する際、商品情報入力を完成させた後、出品前に「出品と同時に下書きに保存」にチェックを入れてから出品することで、「下書き」に保存することができます。

 

ヤフオク 下書き

もし、似たような商品を複数出品したい場合は、新規出品画面にて「下書きを開く」を選択すれば、画像や商品説明、その他の情報など、下書きしていたものと全く同じものが記載されている商品情報入力画面へ移行します。

 

ヤフオク 下書き 出品

 

あとは、変更する箇所を修正して、出品すれば良いわけです。ただし、この下書きは、3つまでしか保存することができませんので気をつけましょう。

 

さいごに

AppTool(アップツール)もAuctown(オークタウン)も非常に便利なツールです。

 

ただし、現時点で「あなたへのおすすめコレクション」という有料オプションの設定ができないという欠点はあります。

 

AppToolやAuctownといったツールでの出品の仕方に関しては、この記事では説明してないですが、ヤフオクのサイトから出品するのとそんなに変わりませんので、出品・再出品が大変だな。と感じたときは、是非、これらの利用を考えてみましょう。

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*