食べ過ぎないようにしよう

食べ過ぎ注意

中国輸入において稼ぐ上で、成果を出すために、一定の必要最低限な作業量というのが必要になります。

 

同じ作業時間をこなす上で、作業効率を意識して、短時間でその作業の量や質が高い方がいいですよね。

 

早く稼げるようになりたいと思いますので、短期間で稼げるようになりたいと思いますので、その作業効率を上げるために必要なパフォーマンスに影響を与えていると考えているものの一つに食事があります。

 

パフォーマンスを意識しろ

作業をこなす際に、同じ1時間でも集中して作業した1時間と集中できてない状態の1時間というのは、当然、作業効率が変わってきます。

 

副業でやる場合は、もちろん限られた時間の中で作業しないといけない訳ですから、パフォーマンスというのを意識する必要があります。

作業効率を上げて、限られた時間を有効に使わないといけません。

 

専業の場合は、時間が大量にあるのですが、24時間を自由に使える故に、どうしても甘えが出てきてきてしまいます。

「ちょっとくらいダラダラしたって、時間はたくさんあるから大丈夫」という感じで、ズルズルとダラダラ作業癖がついてしまう場合もあります。

よって専業の人でもパフォーマンスというのを意識していく必要があります。

 

食事に気をつけよう

そのパフォーマンスに影響を与える一つとして、僕が思うのが食事です。

 

仕事で昼食を食べた後の数時間、または、学生の頃、学校で給食を食べ過ぎて、午後からの授業がぼけーっとしたり、眠くなった、といったことなんかは経験したことがあると思います。

 

食事を消化吸収するために、多くのエネルギーが取られているからです。

 

ではどうするか。

 

食べ過ぎない

まずは、これです。腹八分目とかはよく言われていますが、六分目七分目とかで抑えるようにしましょう。間違ってもお腹いっぱいになるまで食べない方がいいです。

 

胃がもたれる場合もありますし、それが次の日に残る場合もあります。

 

たくさん食べれば食べるほど、消化吸収に多くのエネルギーが取られてしまうので、眠くなったり脳の効率が下がっていきます。注意するようにしましょう。

 

間食を避ける

ついつい作業の合間に、お菓子や食事を食べたりしてしまうこともあるかと思います。

 

間食は、胃腸が休まる時間がないので良くないです。

 

水分補給程度にしておきましょう。

 

食事を抜く

これを聞くと拒否反応をおこすかもしれません。日本の教育では、一日3食食べましょうと指導してきているので、1食でも抜くと身体に悪いのではと思う方もいるとは思いますが、それは単なる思い込みです。

 

人類の長い歴史の中で、3食食べる習慣というのは、つい最近のことです。

江戸時代までは1日2食が普通でしたから。

 

現代では、交通機関も発達して身体も動かすこともあまりないですし、砂糖や油を多く含んだカロリーの高い食べ物で1度の食事で取るカロリー数も多いので、1食減らしたところで、どうってことありません。

 

まとめ

僕の場合は、食べ過ぎると仕事どころではなくなくらい、すぐ眠くなったり、胃もたれを起こすことがあるので、普段の食事には気を使っています。

 

食事を抜くのは、ちょっと難しい場合もあるかもしれませんが、食べ過ぎないことやよく噛んで食べると言ったことは簡単にできると思います。

 

より効率のよい仕事をする上でも、食事に気をつかうことをおすすめします。

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*