ヤフオクで落札された商品をAmazonから発送!?FBAマルチチャネルとは?

FBAマルチチャネル AmazonAmazonで販売したけどなかなか商品が売れない場合などありますよね。そんな商品はヤフオクでも販売して、落札された場合に、Amazonから直接商品を落札者に発送することができます。

 

今回は、そんな便利なAmazonのサービス、FBAマルチチャネルサービスについてご紹介します。

 

FBAマルチチャネルサービスとは

FBAマルチチャネルサービスとは、Amazonフルフィルメントセンターでお預かりしている在庫商品の中から、Amazon以外の販売経路で受注した商品を、Amazonが代行して購入者へお届けするサービスです。

 

要するに、Amazonに納品した商品(Amazon倉庫に預けている商品)を指定した住所へ配送してくれるというサービスです。

 

ですので、Amazonに納品している商品をヤフオクで出品して、落札されたらAmazonから発送するということができます。

 

もちろん、ヤフオクのみならず、ヤフーショッピング、楽天などで販売していた場合に置いても、Amazonから発送することが可能という非常に便利なサービスです。

 

FBAマルチチャネルサービスによる発送方法

FBAマルチチャネルサービスでの発送方法について説明します。まずは、Amazonセラーセントラルにログインしてください。

 

セラーセントラル画面上側にある「在庫」タブより、「在庫管理」もしくは「FBA在庫管理」を選択します。

 

マルチチャネル 操作1

 

 

 

 

 

 

「在庫管理」を選択した場合、「在庫管理」画面ではAmazonマルチチャネルで発送したい商品にチェックを入れていき、「選択中の商品を一括変更」をクリックし、「FBAマルチチャネルサービス依頼内容を新規作成」を選択してください。

 

マルチチャネル2

 

 

 

 

 

 

 

 

「FBA在庫管理」を選択した場合、以下の画面になりますので、マルチチャネルで発送したい商品にチェックを入れて、「FBAマルチチャネルサービス依頼内容を新規作成」を選択後、「Go」を押します。

 

マルチチャネル3

 

 

 

 

 

 

すると以下のような発送先を入力する画面になりますので、お届け先の入力をしていきます。

 

マルチチャネル4

 

もし、ヤフオクで落札された商品をマルチチャネルで送る場合は、落札者のメールアドレスは分からないと思いますので、「顧客のEメールアドレス」は自分のメールアドレスを打ち込んでおきましょう。

 

発送されるとAmazonより発送通知が記入したメールアドレスへ届きます。そこに「配送業者」と「伝票番号」が記載されているので、落札者から追跡番号を教えてほしいと言われた場合は、「配送業者」と「伝票番号」をお伝えしておきましょう。

 

右側の「コメント」は編集可能です。

 

「続ける」を押すと、「内容を確認&確定」画面へ移ります。ここでは、代引きやお急ぎ便、日時指定などを指定できます。

 

マルチチャネル5

 

 

 

 

 

 

後は、「内容確定」をクリックすると、FBAマルチチャネルでの発送依頼が完了します。

 

納品書の出品者情報の変更方法

AmazonのFBAマルチチャネルサービスにて発送した商品の納品書には、Amazonでの自分のお店の名前が記載されますが、もし、変更したい場合は変更することができます。

 

セラーセントラル画面の「設定」タブから、「FBA設定」をクリックします。

 

FBA設定

 

 

 

 

 

 

 

 

「マルチチャネルサービスの設定」という項目がありますので、その項目の「編集」をクリックします。

 

マルチチャネル設定変更

 

 

 

編集画面が出ますので、「出品者名」のところで、好きなように名前を編集できます。また、納品書に記載するテキストも好きなように編集できます。

 

FBAマルチチャネル設定2

さいごに

FBAマルチチャネルサービスで商品が発送される際、梱包されるダンボールにはAmazonのマークが付いてます。Amazonで事前に手続きすることで無地にすることができますが、無地のダンボールで配送する事が出来るフルフィルメントセンター(Amazon倉庫)は限られてますので、その点に注意して下さい。

 

無地のダンボールではない場合で、ヤフオクで落札された商品をAmazonより発送する場合は、落札者へ「Amazon発送代行サービスによる配送になります。」など一言コメントを付け加えておくと、Amazonのマークが入っているダンボールで商品が送られてきても不審に思われないかと思います。

 

また、FBAマルチチャネルで配送した場合、送料が相手に分からないため、ヤフオクなどでは送料を一律料金にしておくと、送料で差益を得る事もできます。

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. シーマン より:

    大変、参考になりました。
    ありがとうございました。

コメントを残す

*