同じ志を持つ仲間を作ろう

仲間 中国輸入

中国輸入は基本的に自宅で一人で始めることができます。それ故、職場の人間関係などに悩んだことのある人ならば、「それってめちゃくちゃいいじゃん!」と思うでしょう。

 

事実、僕自身も一人で中国輸入に挑戦しましたし、人間関係に悩むということは皆無でした。

 

けれど、中には「仲間が欲しい」とか「寂しい」とか言う人もいるでしょうし、今実践している人の中にも、いるかもしれません。

 

中国輸入をする上で、仲間がいた方がいいのでしょうか?今回は、その点についてお話していきます。

 

仲間がいる方が色々と有益

結論から言うと、同じ志を持つ仲間がたくさんいる方が有益だと思います。

何かしらのコミュニティやグループに属せるなら、属する方がいいです。

 

どういう点が有益かについては、以下にまとめてみました。

 

手っ取り早く心の不安を取り除ける

「本当にこのやり方であっているのだろうか」と少しでも不安に思っている場合、行動ペースが鈍ったり、不安で手を止める場合があります。

 

そんなときは、仲間に聞けばいいのです。

既に先を行っている仲間や、自分が躓いた箇所を難なくクリアした仲間は、絶対にいます。

 

そんな仲間にアドバイスや直接教えて貰うことで、不安や疑問をサクッと解決し、先に進むことができます。

 

焦りによる行動力が生まれる

中国輸入は基本的に一人でやっていくものですから、マイペースになりがちです。

 

元々の作業スピードがゆっくりの性格の人もいると思うのですが、グループ内には作業スピードが明らかに早い、成功するタイプの人が出てきます。

 

作業スピードが早い人は、グループにも結構書き込んでいくことが多いので、作業にあまり取り組んでない人が、その書き込みを見ると、焦りや不安が出て、「自分ももっときちんと取り組まなきゃ!」というプラスの意味で、行動を促されていきます。

 

聞きやすい

学校を思い出してほしいのですが、学校って先生と生徒がいますよね。

 

生徒の中には、先生にも臆することなくズカズカと話していくタイプと

先生とはあまり話さないけど、同じ生徒(クラスメイト)とは色々話せるというタイプがいると思います。

 

つまり、人によっては、メンター(先生)よりも仲間(クラスメイト)の方が聞きやすい人がいます。

メンターだと気を使ったり、遠慮してしまうからです。

 

そういうタイプにとっては、気軽に相談できる仲間の方がいい場合もあります。

 

情報を共有(シェア)できる

「共に成長し合うぞ!」「みんなが月収100万円以上なるように頑張ろう!」と

協力関係や助け合いの精神があるグループでは、

 

自分では気づくことがなかったり、見落としていたポイント、

失敗談及び他の仲間へ、その失敗への対策やアドバイス、

また、収益に直結するような有益な情報など、何の惜し気もなくシェアしてくれる仲間が出てきます。

 

グループ・コミュニティを探す

個人的にオススメなのが、Skype(スカイプ)のグループコミュニティです。

 

理由は簡単で、スマホでもやり取りが出来て、リアルタイムでのやり取りが可能だからです。掲示板などみたいにわざわざアクセスしなくても、誰かが発信すれば、すぐにその発言を見ることができます。

 

故に、自分の発言に対しても比較的早く反応してくれます。

 

また、グループ内の人数は、やる気に満ちていて、数十人以上いるところがいいです。

なぜなら、仮に100人いたとしても100人みんなが積極的に発言するグループはなかなかないからです。

少なすぎる場合、閑散としている場合があります。

 

グループの人と、実際にリアルで交流する機会もあるコミュニティだと、更にいいです。

 

まとめ

同じ志を持つ仲間がいれば、お互い切磋琢磨しあえる点は非常に良いです。行動力や行動の維持にも繋がる場合が多いです。

 

もちろん、中には仲間なんて作らずに、一人でも教材等だけ読んで実践して成功している人もいるでしょう。メンターのみを探し出して、成功している人もいるでしょう。必ずしも仲間を作らないと稼げないという訳ではありません。

 

ただし、人にとっては、非常に頼もしく有益な存在であることは、間違いありません。

 

あなたにとって、同じ志を持つ仲間がいた方がよいタイプかそうでないかを考えて、必要ならば、自分でしっかりと見極めて良い仲間をつくっていきましょう。

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*