ヤフオク販売初心者はゆうちょダイレクトの登録を!

ゆうちょダイレクトヤフオクをしていると、落札者のほとんどがYahoo!かんたん決済かゆうちょ銀行(ぱるる)からお振込してきます。かんたん決済の場合はネットで入金確認ができますが、ゆうちょ銀行の場合は郵便局などATMが置いてある所まで行って、入金確認をしないといけないですよね。

 

でも実は、ネットからゆうちょ銀行の口座を24時間いつでも確認することができるサービスがあるんです。本日は、家にいながら、24時間いつでも振込みや残高確認などができる便利なサービス、ゆうちょダイレクトについてご紹介します。

ゆうちょダイレクトって?

ゆうちょダイレクトについての説明は、ゆうちょ銀行のゆうちょダイレクトのホームページより見ることができます。

 

ゆうちょダイレクトは、総合口座・振替口座の各種お取扱いを、ご自宅や外出先など様々な場所からご利用いただけるサービスです。窓口やATMでのお取扱いがない土・日・休日や深夜でも、パソコンやスマートフォン、携帯電話、電話などから現在高照会やゆうちょ銀行あて振替(電信振替)などをご利用いただけます。振替口座への電信払込みの受入内容も確認できるので、顧客からの送金をスピーディーに確認したい事業者の方にもお勧めです。

    http://www.jp-bank.japanpost.jp/direct/pc/what/dr_pc_wh_index.html

 

つまり、ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行の口座を持っている人が、登録すると使えるネットバンクのことです。ATMがなくても、パソコンやスマートフォン、携帯電話、電話・FAXから、いつでもどこでもゆうちょ銀行の口座へアクセスできるようになり、入出金等が確認できるようになるわけです。

 

ゆうちょダイレクトで出来る事

ゆうちょダイレクトで出来ることをまとめると以下の通りとなります。

 

現在高照会

入出金明細照会

ゆうちょ銀行あて振替

他金融機関あて振込

税金・各種料金払込み

など

 

上記のように、いつでもどこでも入金確認等ができる便利なゆうちょダイレクトですが、ここで気をつけておきたいのが、ゆうちょダイレクトの利用時間についてです。実は、深夜の23:55〜0:05の間に利用できないのと、毎月第1・第3月曜の深夜0:00〜6:30は利用できません。深夜に入金確認してその後、早朝までに発送しようとしていると、第1・第3月曜の深夜に痛い目を見ます。気をつけましょう。

 

また、ゆうちょダイレクトは振込することもできます。特に、振込先がゆうちょ銀行の口座の場合は月に5回までは無料で振り込むことが可能ですので、もしヤフオクで返金対応することになったとしても、相手の返金先の口座がゆうちょ銀行の場合は手数料を気にすることなく、返金が可能です。

 

ゆうちょダイレクトに申し込もう

ゆうちょダイレクトを利用するには申し込む必要があります。申し込みは無料ですが、申し込むためには、ゆうちょ銀行の総合口座か振替口座を持っていることが前提ですので、もし持っていない場合は、先に郵便局にて口座を作って下さい。

 

ゆうちょダイレクトの申し込みは「ゆうちょダイレクト利用申込書」へ記入した後、書面での提出が必要です。郵便局で申込書の入手・手続きができます。また、ゆうちょダイレクトのWebサイトから申込書請求することもできますし、もし、自宅にプリンターがあれば、利用申込書の作成・印刷をすることもできます。郵送での手続きも可能です。

 

Webサイトからのゆうちょダイレクトの利用申込書請求・作成に関しては、以下のリンクからできます。

資料請求・リーフレット

利用申込書作成

 

手続き後、1週間程度で、ログイン番号等が書かれた利用者カードなどが届きますので、初回ログイン登録をして利用開始できます。

 

さいごに

冒頭でも少し触れましたが、ヤフオクで落札者が銀行振込を選択する場合、圧倒的にゆうちょ銀行(ぱるる)で振り込む方が多いです。ゆうちょダイレクトは無料で利用申し込みできるので、ヤフオク出品をしている人は是非登録しましょう。仮に自分が落札する立場になっても、多くの出品者がゆうちょ銀行を取り扱っているため、お振込の際も非常に便利ですよ。

 

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*