中国輸入の資金がない場合はヤフオクで不要品を売って資金を増やそう!

資金を増やすAmazonやヤフオクでの中国輸入販売に、これから挑戦しようと思っている人の中には、資金がないよ!って方もいますよね。

 

もちろん過去の記事で、クレジットカードを持っていれば、実際の支払いを遅らせることができるので、資金が少なくても大丈夫というのはお伝えしました。

 

ですが、資金が少なかったり、そもそも全くないに等しい場合、クレジットカードを持っていたとしても、仕入れる商品を実際に購入するのに躊躇してしまうと思います。

 

また、VISAデビットカードしか持っていない場合は、「現在手持ちの資金」=「仕入れることのできる資金」になるため、仕入れに回せる資金が多いに越したことはありません。

 

そこで、家の中にある不要品などをヤフオクで捌いて、資金を増やす方法を教えます。

 

ヤフオクに出品する不要品を探そう

タンス・本棚・物置・押し入れ・キッチン・本棚など、家のあらゆるところに不要品がないか探してみましょう。

 

電化製品やパソコン、ブランド品、CD・DVD、おもちゃ、キャラクター物など、その他、様々なものがあると思います。

 

例えば、中古屋でも滅多に見かけないレアCDや使っていない古いノートパソコンなんかは数千円以上で売れると思います。

 

他にも、現在のスマホには、高性能のカメラ機能があるので、昔買ったデジカメも、今では使っていない可能性がありますよね。

 

また、買い替えて、今は使っていないスマホやiPhoneなどがあれば、数万円で売れることもあります。昔、ゲームが好きだったけど、今はゲームしてない人などは、ゲーム機などを出品しても良いでしょう。

 

さらに、ヤフオクでは面白いことに、壊れているものでも売れます。上記の例で言えば、液晶の割れたスマホや起動しないゲーム機・パソコンでも普通に売れます。

 

壊れたものを修理して直したり、パーツの下取りに落札する人がいるからです。壊れているものでもいいので、家の中を探してみましょう。

 

不要品をヤフオクに出品しよう

不要品を見つけたら、実際に出品してみましょう。

 

ヤフーID(ヤフーのメールアドレス)が必要ですので、ヤフーIDがない場合は作っておきましょう。

 

ヤフオクのホームページの右上に「利用登録」とありますので、それをクリックするとヤフオク出品に必要な登録が始まります。

 

ヤフオク 利用登録

 

登録は難しいものではないため、登録の仕方の説明はここでは省略します

 

さて、登録が終えたら、サイト右上の「出品する」をクリックしてみましょう。

 

「かんたん取引」に登録していない場合は、以下のような「かんたん取引」の出品者情報登録がでますが、ここは無視して「旧出品方法」で出品します。赤枠の箇所をクリックして下さい。

 

ヤフオク 旧出品方法

 

カテゴリを選択する画面が出てきますので、実際に出品する不要品に当てはまると思うカテゴリをクリックしていき、「このカテゴリに出品」をクリックします。

※下の画像の例は、中古のプレイステーション3を出品する場合を想定しています。

 

ヤフオク カテゴリ

 

すると、以下のような画面が出ますので、「開く」をクリックします。ちなみに、この画面は出品に関しての禁止事項に関する警告なので、初めての場合は、リンクをクリックして禁止事項を読んでみると良いでしょう。

 

ヤフオク 禁止事項

 

 商品情報を記入しよう

さて、ここから、出品する不要品の商品情報を書き込んだりしていきます。【必須】と書かれているところは必ず記入するようにします。

 

ヤフオク 商品詳細記入

 

項目の右側、記入欄にカーソルを置くと、以下の画像のように、その項目の記入のヒントを見ることができますので、分からない場合は参考にして下さい。

 

ヤフオク 商品詳細 参考

 

いくつかの項目に ついては、簡単に説明していきます。

 

タイトル

説明

 

ヤフオクに初めて出品する人は、タイトルや説明の記入で、どう書いたらよいか、悩んでしまうかもしれません。

 

分からない場合は、ヤフオクやオークファンで同様の商品を出品している人・していた人の商品ページの説明文を参考にしましょう。

 

例えば、使わなくなったプレイステーション3を出品するとしましょう。その場合、その他のヤフオクやオークファンで今出品している人、過去に出品して落札された人の商品ページを見ます。

 

ヤフオクで「PS3 中古 本体」で検索してみると、以下の画像のような検索結果が出ました。その中から、赤枠の方の商品ページを真似るとします。

 

ヤフオク 検索結果

 以下が赤枠の方の商品説明です。

 

ヤフオク 商品説明について

上記のタイトルや説明文をコピペで商品情報に貼付けて、後は、自分が出品するプレイステーション3に合わせて文章を書き直します。上記を参考に、以下のようなタイトルや説明文を作成してみました。

 

ヤフオク 記入例

 あくまで一例ですので、上記が絶対ではありません。参考にする商品ページで、タイトルや商品説明も変わってくると思います。

 

画像のアップロード

 

また、ヤフオクでは購入者へ向けて商品の状態が分かるように、出品する商品の画像を3枚掲載することができます。

 

画像は必須ではありませんが、購入者が商品状態を確認する方法の一つでもありますので、必ず画像を掲載しましょう。

 

スマホやデジカメで商品の写真取って、パソコンに送り、商品の画像を載せましょう。このとき、どのように商品を撮れば良いかというのも、タイトルや商品説明同様、他の出品者の写真を参考にするとよいです。

 

価格設定

 

ヤフオクやオークファンで、不要品の落札相場を調べることができますので、その不要品がどのくらいの値段で落札されるか、落札価格の目安を把握できます。その目安を参考に、このくらいなら売れるかな?という価格設定で構いません。

 

ヤフオクでは以下の赤枠をクリックすることで、相場を調べることができます。

 

ヤフオク 落札相場

 

オプション設定

 

商品情報入力画面には様々なオプション設定があります。有料のオプションもありますが、有料の場合は、項目に「有料」と書かれているので分かります。

 

さて、全ての商品情報を入力し終えたら、「確認画面へ」をクリックし、「確認画面」で商品情報の入力に間違いないことを確認したら、「ガイドラインに同意して出品する」をクリックします。

 

これで、商品の出品は完了です。

 

さいごに

家の中には、ヤフオクで売れそうなものが、ごろごろと転がっているはずです。また、友人に不要品を譲ってもらうのも手です。

 

不用品をどんどん売って仕入れに回していきましょう。

 

稼げるようになって、また買えばいいので、資金が少ない今は、いかに仕入れに使えるお金を増やすかが重要です。

 

ちなみに、スマホでヤフオクのアプリがありますので、パソコンではなく、スマホから出品することもできます。スマホで撮った写真をわざわざパソコンに送らなくても画像をアップロードできるという利点があります。こちらも、機会があれば試してみてください。

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*