Googleアカウントを作成してメールアドレスを取得しよう

様々な登録ややり取りなどにおいて、メールアドレスが必要になりますので、GoogleアカウントとGmailアドレスの作成方法について説明していきます。

 

また、中国輸入に限った話ではないですが、ネットビジネス等を行う上で、プライベート用とビジネス用のメールアドレスは分けておいた方が賢明です。

 

ビジネス用のメールアドレスを作っていない場合は、改めて作っておくとよいでしょう。

 

メールアドレスを持っていない方は、中国輸入をやる上でメールアドレスが必要になりますし、無料で取得できるので、この記事を見てメールアドレスを取得してみて下さい。

 

Googleアカウント及びGmailアドレスの取得方法

無料で取得できるメールアドレスは色々ありますが、ここではGmailアドレスの取得方法をご紹介します。

 

以下のリンクからGoogle アカウントを作成することで、Gmailアドレスが取得できます。

Google アカウントの作成

 

アカウントの取得には以下の項目に情報を記入する必要があるので、サクッと入力していきましょう。

 

Googleアカウント

名前:本名でなくても構いません。ここに入力した名前は、メールを送った際に相手側に表示されます。あとから変更することもできます。

 

ユーザー名を選択:ここに入力したものが、あなたのメールアドレスとなります。既にそのユーザー名が存在する場合は使えないので、色々と試してみましょう。

 

パスワードを作成:ログインする際に必要となるパスワードです。

 

生年月日:自分の本当の生年月日を入力しなくても構いません。

 

性別:「男性」「女性」「その他」から選択可能。適当で構いません。

 

携帯電話:入力しなくても大丈夫です。

 

現在のメールアドレス:入力しなくても大丈夫です。

 

ロボットによる登録でないことを証明:ここにはチェックを入れず、その下にある画像の数字を記入欄に入力して下さい。

 

国/地域:最初から日本が選択されていることと思います。

 

「利用規約とプライバシーポリシーの同意」にチェックをいれます。

 

記入し終わったら、「次のステップ」をクリックしましょう。

 

記入ミス等がなければ、無事にGoogleアカウント及びGmailアドレスの作成完了です。

 

Gmail 登録完了

 

メールアドレスとパスワードは、忘れないようにメモしておくようにしましょう。

 

Gmailは以下のリンクより、送受信や設定ができますし、パソコンやスマホに最初から入っているメールアプリでも設定することで送受信が可能になり、外出先でやり取りしたり、確認したりできるようになります。

 

http://gmail.com

 

さいごに

Googleアカウントはいくつでも作成することができますので、Amazon販売用、メルマガ用、その他様々な目的に応じて、必要になれば複数のアカウントを作って、メールアドレスを取得しておくと良いでしょう。

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*