Amazon販売初心者必読!FBA納品用ダンボールは無料で調達!

Amazon ダンボールAmazonのFBAに納品する際の段ボール(ダンボール)ってどうやって手に入れてますか?また、どんな段ボールなら問題ないのでしょうか?実は、きちんとAmazonに納品できる段ボールを無料で手に入れる方法があります。今日はその方法をご紹介します。

 

Amazonへ納品できる段ボールは?

 Amazonへ納品する際には、段ボールに対していくつかの決まりがあります。

それについて詳しいことは以下のURLを参照して下さい。

https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/help-page.html/ref=ag_200280260_cont_scsearch?ie=UTF8&itemID=200280260

https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/help.html/ref=id_200141500_cont_201100890?ie=UTF8&itemID=200141500&language=ja_JP

 

上記のURLを読む中で大事なことを簡単に要約するとだいたい以下の通りとなります。

 

・段ボールの大きさが50cm×60cm×50cm以下(大型商品やアパレル商品意外)

・重量が30kg以内かつ、15kgを超過している場合は、天と側面に「重量超過」の明示が必要

・段ボールの加工禁止

・複数の輸送箱をテープで巻くなどしてひとつにまとめての納品の禁止

・段ボールは輸送や入荷処理時の作業負荷に耐えられるものであること

 

経験上ではありますが、段ボールのサイズに関してですが、1辺や2辺が多少サイズオーバーしていても基本的にはAmazonには受け取ってもらえます。また、商品を仕入れた際に商品が入っていた段ボール(テープでグルグル巻きにされて強化されている等の段ボール)も受け取ってもらえます。ただ、受領を行う担当者次第では受け取ってもらえないこともあるかもしれません。

 

また、ここで確認しておきたいのですが、実は、段ボールに関しては無地である必要はありません。メーカー名や商品名が入っていたり、運送会社の名称が入っている箱を利用しても問題なくAmazonに受け取ってもらえます。

 

段ボールを無料で手に入れられる場所は・・・

段ボールを手に入れるとなると、買うか貰うかになりますが、ネットやホームセンターで段ボールを買うとなると、仮に160cmサイズの大きさだと1箱で250円~350円近くかかってしまうと思います。

 

そこで、段ボールに関してですが、お店で空の段ボールをタダでもらうのが一番です。近所のスーパーやドラッグストアでももらえますが、段ボールを売っているホームセンターでも貰うことができます。段ボールにはメーカー名や商品名が入っていたりしますが、先ほども言いましたように、Amazonへの納品に利用する段ボールは無地である必要はありません。

 

Amazon 段ボール 無料

お店の店員さんに「段ボールを貰いたいのですが・・・」と聞くと、段ボール置き場へと案内してくれます。ただし、貰えないお店もあります。また、段ボールのある場所がお店によって屋内だったり屋外だったりするので、雨の降った日なんかは屋内に段ボール置き場があるお店へ貰いに行くと良いでしょう。

 

段ボール置き場段で段ボールを探す際は、段ボールのサイズや破れてないか、弱い材質じゃないかなどに注意しながら選びましょう。慣れてない人はサイズを計るためにメジャーを持っていくといいです。

 

さいごに

Amazon へ納品する際に使う段ボールは、スーパー、ドラッグストア、ホームセンターなどで無料で手に入れることができますが、一定したサイズの段ボールが必ず手に 入るかどうかがという点では多少デメリットがあります。回収業者が既に回収してしまって欲しい段ボールが全然ない場合もあります。

 

ですが、お店の人に段ボールが手に入りやすい曜日や時間帯等を聞く事もできますし、訪れた際に気に入ったサイズの段ボールがたくさんあれば、一度に貰ってストックしておくという手もあります。

 

これまでAmazonのFBAの納品は無地の段ボールじゃないとダメなんじゃないかと思っていた方やこれからAmazonでの販売を行う初心者は、ぜひ、今回の記事を参考に段ボールを無料で入手してみてはいかがでしょうか。

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*