中国輸入で代行業者を使った場合の流れやメリットについて解説

中国輸入 代行業者 一連の流れ

中国の販売サイトのタオバオやアリババから商品を仕入れる場合は、基本的に代行業者を使って商品を仕入れていきます。

 

代行業者へは手数料などを払う必要がありますが、様々なメリットがありますので、中国輸入を始めたばかりの場合は、代行業者を使ってみることをオススメします。

 

今回は、代行業者を使った場合の流れやメリットなどについてお話していきます。

 

代行業者とは

中国の販売サイトから、あなたの代わりに商品を購入して、日本へ発送してくれるのが代行業者です。

 

購入した商品の簡単な流れは、以下の様な感じです。

 

中国セラー代行業者(中国国内にあります)購入者(日本)

 

まずは、中国セラーから代行業者へ商品が送られ、(中国国内での流れ)

商品を受け取った代行業者が購入者(日本)へ商品を送る。(中国・日本間の流れ)

といった流れになってます。

 

数多くの代行業者がおり、手数料や送料、中国セラーへの値切りの有無などのサービス内容で、様々な違いがありますが、

上記の流れは、どこの代行業者も同じはずです。

代行業者 配送

商品購入の流れ

それでは、実際に代行業者を使って仕入れしていく場合の一通りの流れを説明します。

全ての代行業者がこの通りではなく、代行業者によって、細かな部分は変わってきます。

 参考程度に読んで下さい。

 

まずは、代行業者を見つけましょう。Googleなどで「中国輸入 代行」「アリババ 代行」「タオバオ 代行」などのキーワードで検索して、代行業者を見つけて下さい。

代行業者のサイトを見つけたら、業者へ見積もりを依頼する。

見積もりの依頼の仕方は、その代行業者のサイトに記載されています。

代行業者が中国セラーへ連絡して、在庫確認や値引き交渉をし、あなたへ見積書を送ってきます。

その見積書を元に、再度見積もり依頼するか決める。(「在庫がなかった場合」「別の商品に変えたい場合」など)

もし見積書の内容でよければ、代行業者にお金を振り込む。

あなたから代行業者へお金が支払われれば、実際に代行業者が中国セラーから商品を買い付けます。

中国セラーから代行業者へ商品が届き、業者が商品を検品する。

代行業者から日本へ商品が送られる。

 

以上の様な流れになっています。

中国輸入 商品購入の流れ

代行業者のメリット

 全ては日本語で終わる

タオバオなどで商品を探す場合は、中国語で調べたりしますが、購入に関しては、代行業者が実際に中国人セラーと中国語で交渉し、購入してくれるので安心して取引できます。

 

もちろん代行業者とあなたのやり取りは、日本語です。

 

不良品などのトラブルの対応をしてくれる

中国セラーから商品が届いた場合に、商品が違う、色が違う、大きさが違うなどのトラブルが起こることは、よくあることですが、それに対しての対応も全て代行業者がしてくれます。

 

様々なオプションやサービスがある

代行業者には、様々なオプションやサービスがあります。

 

例えば、価格交渉をしてくれたり、検品を行ってくれたりなどです。

 

その他、別々の商品をセットで梱包してくれたり、タグの縫い付けやロゴの印字などのサービスや、

また、中国から日本へ発送する場合、自宅(事務所)へ送るのではなく、Amazonへ直接納品してくれるサービスがあったりします。

 

代行業者のデメリット

商品の到着が遅い場合がある

基本的には、中国セラーから購入した商品が全て揃った上で、まとめて日本へ発送するため、いくつかの商品が代行業者へ届かなかった場合など、発送が遅れ、商品の到着が遅くなる場合があります。

 

手数料や送料が余計にかかる

中国セラーから代行業者への送料(中国国内送料)がかかりますので、送料が余計にかかります。

また、代行業者によってまちまちですが、代行手数料が取られます。

 

代行業者によって料金や対応がバラバラ

代行業者によって、サービス内容やその料金、手数料などがバラバラです。

 

対応の早さも代行業者によって結構差があります。

送料や商品代金などで代行業者がぼったくっている場合もあります。

 

あなたが安心・信頼して利用できる代行業者を探すのに、もしかすると一苦労するかもしれません。

 

まとめ

商品リサーチで仕入れる商品を見つけたら、

後はネットで代行業者を見つけ、見積もりして、代金払って、商品が届く、という流れですので、

まずは、代行業者を探して、実際に商品を仕入れていきましょう。

 

代行業者を使わない方法もありますが、最初は代行業者を使っていく方がよいと思います。

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*