中国輸入に便利なGoogle Chromeを導入しよう!

Google Chrome グーグルクローム

Google Chrome(グーグルクローム)は、中国輸入を始める上で非常に便利なウェブブラウザ(インターネットをするためのソフト)です。

 

元々WindowsにはInternetExplorer、MacにはSafariというブラウザが標準でついています。

 

しかし、Google Chromeの方が色々と便利な機能が使え、リサーチにおいて役に立つことが多いので、Google Chromeを導入していきましょう。

 

導入する理由

Google Chromeを導入する理由は一言でいえばばこれです。

 

  • 中国輸入リサーチなどに便利な拡張機能がある 

 

この点が一番の理由です。リサーチなどを助けてくれる便利な拡張機能があるので、作業の効率化を図っていけます。

 

もちろん、他にも「動作や検索速度等が早い」「他のパソコンやスマホ版のGoogle Chromeにも同期ができる」「中国語や英語などの外国語で書かれたページをワンクリックで、もしくは常に翻訳できる」など良い点があります。

 

同期した場合は、ブックマーク(お気に入り)や拡張機能、閲覧履歴、開いているタブ、パスワード、設定なども全て同期することができます。

 

パソコンを買い替えたりした場合も買い替える前のパソコンのGoogle Chromeと同じ状態にできますし、ネットで調べごとしていた際に用事で外出する場合も、外出先で同期したノートパソコンやスマホで続きを見ることができます。

 

Google Chromeは無料でダウンロードできますので、早速ダウンロード・インストールしてみましょう。

 

Google Chromeのダウンロードとインストール

以下のリンクからGoogle Chromeをダウンロードしましょう。

Google Chromeをダウンロード

 

グーグルクローム インストール

 

Google Chromeには32bit版と64bit版があって、64bit版の方が動作が早いので、64bit版をダウンロードするようにしましょう。

 

パソコンがMacの場合は64bit版しかないので、そのまま「Chrome をダウンロード」をクリックしダウンロードして下さい。

 

パソコンがWindowsの場合は、「別のプラットフォーム向けの Chrome をダウンロード」をクリックし、64bit版をクリックしてダウンロードして下さい。

 

グーグルクローム Windows 64bit

 

あとはダウンロード完了後にインストールするだけです。インストールについて分からない場合は、以下のリンクを参照して下さい。リンク先にて、Windowsの場合は「Windowsの場合」の箇所をクリックすればインストールについて詳細な情報が出てきます。

Google Chromeのインストール方法

 

グーグルクローム インストール方法

 

同期の仕方

同期についてもここで簡単に説明しておきます。

まずは、Google Chromeを開いて下の画像のように右上の箇所をクリックして下さい。

 

グーグルクローム 同期

 

すると、下のような設定画面へ行きますので、「Chromeにログイン」をクリックします。

 

Google Chrome 同期

 

以下のように、Googleアカウントの入力を求められますので、入力してログインします。

※Googleアカウントの作成方法についてはこちら

 

Google Chrome ログイン

 

ログイン後は、以下の画面が出ますので、「OK」をクリックして下さい。

 

Chromeの同期

 

これで同期は完了です。他のパソコンやスマホ・タブレットなども、同じGoogleアカウントでChromeにログインすることで、同期することができます。

 

さいごに

無事にGoogle Chromeを導入することができましたでしょうか?

便利な拡張機能などについては、また別の記事でご紹介したいと思います。お楽しみに。

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*