アマゾン中国輸入商品が売れているかどうかチェックする方法

販売個数チェック

アマゾンで中国輸入の商品を見つけたとしても、その商品が売れているかどうか分からないと意味がありません。

 

仮に仕入れても、売れなかったら不良在庫になってしまうからです。

 

そこで、今回は、その商品が売れているかどうかを調べる方法を解説します。

 

また、今回の方法は、実際に仕入れる商品の個数の判断基準にもなりますので、しっかり覚えるようにしましょう。

 

PRICE CHECK(プライスチェック)で調べる

 プライスチェックというサイトがあるので、このサイトを使って売れているかどうかを見ていきます。

 

プライスチェック

 

プライスチェックで分かるのは、主に3つ。

 

・ランキング変動から、その商品が何個売れているのか大まかな目安が分かる

・価格の変動グラフを見ることができる

・セラー数の増減数が分かる

 

では早速、実際に調べていきましょう。

 

まずは、中国輸入商品を見つけたら、商品ページの中段にあるASINコードをコピーして下さい。

 

ランキング ASIN

 

 

もしくは、URLが書かれている箇所にもASINコードがありますので、ここからコピーしても構いません。

 

URL ASIN

 

さて、ASINコードをコピーしたら、プライスチェックのサイトを開いて、コピーしたASINコードを貼付けて検索します。

 

プライスチェック 検索

 

すると、先ほどアマゾンで見つけた商品が出てきましたので、下の方へスクロールして、まずは、「ランキング変動グラフ」というのを見ていきます。

 

ランキング変動グラフ

 

ここのグラフから、商品が売れているか、目安を読み取ることができます。

点にカーソルを合わせると具体的なランキング順位と日にちが分かります。

 

ここで見る箇所は、ランキングの順位(点)です。折れ線グラフの点を見て、一つ前の点と比較して、上がっていたら商品が売れたと判断していきます。

 

ランキング上昇

 

理由は単純で、商品が売れるとランキングが上昇するからです。逆に売れてないとランキングが下がります。

 

ですので、ランキングが上がると商品が最低でも1個以上売れていると判断することができます。

 

こんな感じで、ランキングが上昇している箇所を見ていくことで、商品が最低でも何個売れているかが分かるという訳です。

 

プライスチェック 見方

 

赤丸の箇所は、一つ前の点と比較して、ランキングが上がった箇所です。結果、この商品はここ1ヶ月の間に最低15個以上売れていると判断できました。

※この商品は3000位辺りを推移しているので、本来はもっと売れていると判断できます。

 

ちなみに、15個以上というのは、この商品ページに出品している全セラー合わせての販売数です。

 

さて、さらに下にスクロールすると、「新品価格変動グラフ」というのがあります。

 

新品価格変動グラフ

 

ここでは、その商品の価格の推移(折れ線グラフ)とその商品ページに出品しているセラー数の推移(棒グラフ)を見ることができます。

点や棒グラフにカーソルを合わせると具体的な価格・セラー数を見ることができます。

 

基本的にセラー数が増えていくと、価格競争が起こり、価格が下がっていく傾向になります。

※上の画像だとあまり参考にならないので、下に別の画像を用意しました。

 

価格とセラーの推移

 

セラーが多いと、なかなか自分の商品が売れず、早く売り切りたいという心理が働き価格を下げるからです。その連鎖で価格競争が起こります。

 

モノレート(旧アマショウ)で調べる

モノレートも基本的にはプライスチェックと同じ機能を持ったサイトです。

 

モノレート

 

使い方は、プライスチェックとほぼ同じなので、説明は省略します。

 

プライスチェックで調べたけれど、その商品のデータが反映されていなかった場合などにモノレートでも調べてみる、といった使い方でいいと思います。お好きな方で調べて下さい。

 

ちなみに、ランキングのグラフがプライスチェックとは逆な点を覚えておいて下さい。

 

下は、モノレートのランキング変動グラフですが、折れ線グラフの点が下降したら、ランキングが上がったということです。

 

モノレート ランキング

 

赤丸の箇所が商品が1個以上売れたと判断できる箇所です。

 

まとめ

このように、プライスチェックやモノレートで売れているかどうかを判断することができます。

 

プライスチェックやモノレートでのチェックは、非常に大切な判断基準になりますので、必ず覚えるようにしましょう。

 

正確な個数までは把握できないのですが、これらのサイトを利用すれば、売れない商品を仕入れてしまうということはないでしょう。

 

また、経験を積むと、Amazon商品ページのランキングを見るだけで、売れてる売れてない、どのくらい売れているかの予想ができるようになってきます。

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*