中国輸入のリサーチ、仕入れ、販売までの簡単な流れを解説

中国輸入の流れ

これから、中国輸入で実際に商品リサーチから仕入れ、販売までを実践していくにあたって、

初心者に向けて、これらの流れを簡単に説明していきます。

 

この記事を読んで、大まかな流れを掴んでいってください。

 

中国輸入の大まかな流れ

箇条書きでまとめると以下になります。

 

①Amazonやヤフオクなどで中国輸入商品探し

②その商品が売れているかどうかチェック

③中国販売サイトでその商品を見つける

④利益が取れるかチェック

⑤仕入れる商品を代行業者に見積もりして最終チェック

⑥実際に商品を仕入れる

⑦仕入れた商品を販売

 

こんな感じです。

 

簡単にはなりますが、もう少し具体的に、各項目ごとに説明していきます。

 

①中国輸入商品探し

Amazonやヤフオクでは、中国から輸入している商品を扱っているセラーがたくさんいます。

 

まずは、そういった中国輸入の商品を探すことになります。

 

②売れている商品を探す

中国輸入であろう商品を見つけたら、その商品が売れているかどうかを調べていきます。

 

まずは売れないと仕入れても無駄になる可能性が高いからです。

 

Amazonやヤフオクなどで、売れているかどうか簡単に調べることができます。

 

③中国の販売サイトでその商品を見つける

Amazonやヤフオクで売れている中国輸入商品を見つけたら、その商品を探さなければなりません。

 

中国の販売サイトにて、その商品を探していくことになります。

 

④利益が取れるかどうか

中国の販売サイトで商品を見つけたら、

 

Amazonやヤフオクの価格と中国の販売サイトの価格を見て、その差額から利益が取れるかどうか判断し、仕入れ候補の商品を決めていきます。

 

実際には、中国で購入して日本へ発送してくれる代行業者などを使いますので、代行業者に払う手数料(中国国内送料や日本へ送る為の国際送料など含む)が別途かかります。

 

また、Amazonやヤフオクで販売する場合には、それぞれに支払う手数料などもあります。

 

関税がかかる場合もありますので、それらを含めて考える必要があります。

 

⑤ 仕入れる商品を代行業者に見積もりして最終チェック

仕入れる商品が決まったら、実際に代行業者に見積もり依頼します。

 

代行業者に見積もりなどを出してもらうことで、

その商品購入する場合にかかる費用(代行業者に払う手数料など含めて)がほぼハッキリと分かります。

 

⑥実際に商品を仕入れる

見積書から、Amazonやヤフオクでその商品を売っても利益が取れると分かったら、

実際に代行業者に商品の購入依頼をして、

お金を支払い、実際に商品を仕入れます。

 

⑦仕入れた商品を売る

仕入れたら、Amazonやヤフオクで商品に出品登録して、実際に販売していきます。

 

アマゾンFBAに登録している商品の場合は、Amazonに納品してから、販売が始まります。

 

 

以上が、簡単な流れです。

 

もっと簡単に言うなら、「商品リサーチ」「仕入れ」「販売」この繰り返しという訳です。

 

まとめ

とりあえず、これから実践していくにあたって、中国輸入の大まかな流れを説明しました。

 

本当は、こと細かに色々と解説しなければならないのですが、それは各記事にて説明していきたいと思います。

 

また、実際には、代行業者を使わないやり方もあるのですが、それは、またいずれお伝えしていきます。

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*