中国輸入を始める上で便利な銀行口座の紹介

中国輸入 オススメ 銀行

ネットビジネスを行っていく上で、銀行口座を作る必要があります。

 

既にプライベート用の銀行口座を持っているとは思いますが、ビジネス用に作っていった方が管理しやすいと思いますので作っていきましょう。

 

 

ネットバンキング

ネットバンキングに対応していると、パソコンやスマホなどからインターネットを通じて、いつでもどこでも入金確認や振込を行うことができます。

 

わざわざ外出する必要がないので、非常に便利です。

 

銀行口座を開設する際は、ネットバンキングに対応した銀行で口座を作ると良いですが、おそらく、現在ではほとんどの銀行でネットバンキングに対応しているかと思います。

 

地元の銀行など、口座開設の際など別途お申し込みが必要だったりしますので注意です。

 

オススメの銀行口座

基本的に地元の銀行でも何でも構いませんが、オススメの銀行を紹介します。

 

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行

 

誰でも知っている一番有名な銀行だと思います。

 

ヤフオクに出品した際、落札者が落札した商品のお支払いを選択する振込先の口座で結構多いのが、ゆうちょ銀行だったりします。

 

ゆうちょ銀行の口座はすでに、プライベート用として持っている方も多いと思います。

 

ゆうちょ銀行の口座は二つ持つこともできますので、ビジネス用にもう一つ作っておくと良いでしょう。

 

ゆうちょ銀行の口座を持っていても、そのままだとネットバンキングが利用できないため、別途ゆうちょダイレクトへの申し込みが必要となります。

 ※ゆうちょダイレクトへの申し込み方法はこちらで詳しく解説してます。

 

現在、ゆうちょ銀行の口座を持っていない場合は、ゆうちょダイレクト+(プラス)に申し込むことで、ネットから直接申し込むこともできます。

ゆうちょダイレクト+(プラス)

 

楽天銀行

楽天銀行 オススメ

 

ネットビジネスをしている人なら、ほとんどの人が必ず持っているといってもいいくらい有名なネット銀行です。ネット上から申し込むことで開設できます。

 

ヤフオクなどの落札者がヤフー簡単決済で支払った際の、その代金の振込先として楽天銀行にしておくと、ヤフーから楽天銀行へ振り込まれる度に、楽天ポイントが付与されるので、結構お得です。

 

入出金は、全国各地にあるセブンイレブンのATMやイオン系列のお店にあるイオン銀行ATMなどからできます。

 

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

ヤフーと提携している銀行で、ヤフオクで利用している落札者も多いです。

 

ネット上から開設可能。

 

コンビニ等で入出金ができます。

 

ソニー銀行新生銀行住信SBIネット銀行じぶん銀行など

簡単に名前だけの紹介ですが、上記の銀行もネット上で簡単に開設できる ネット銀行です。

 

それぞれの銀行によりますが、他の金融機関口座への振込が基本的に1回分無料(ランクに応じて無料回数が増える銀行もあります)だったり、コンビニATMでの利用手数料が無料(無料回数は銀行による)だったり、色々と便利な点が特徴です。

 

auの携帯電話やauひかりを利用しているauユーザーの方は、じぶん銀行が色々と優遇されているのでオススメです。

 

さいごに

中国輸入をする上で、銀行口座は必ず必要となりますので、持っていない方は作っておいてくださいね。

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*