Amazonで新規出品するならJANコードを取得すべし!

JANコード AmazonAmazonで新規出品をしようとした場合、JANコードが求められます。

 

もちろん、JANコードがなくても新規出品できるのですが、Amazonに色々と申請して審査に通る必要がありますので、少々手間がかかります。

 

ですので、中国輸入でAmazon販売を考えているならば、JANコードを取得することをオススメします。今回は、そんなJANコードの取得方法についてご紹介。

 

JANコードとは

Amazon販売をしているけど新規出品をしたことがない人や、これからAmazon販売に挑む人は、そもそもJANコードというものが何か分からないと思いますので、まずはJANコードについて簡単に説明します。

 

JAN(Japanese Article Number)コードは、日本の共通商品コードとして流通情報システムの重要な基盤となっています。

 

JANコードはバーコード(JANシンボル)として商品などに表示され、POSシステムをはじめ、受発注システム、棚卸、在庫管理システムなどに利用されており、さらに公共料金等の支払システムへの利用など利用分野の拡大がみられます。

 

JANコードは日本国内のみの呼称で、国際的にはEANコード(European Article Number)と呼称され、アメリカ、カナダにおけるUPC(Universal Product Code)と互換性のある国際的な共通商品コードです。

 

ちょっと分かりにくいですが、商品パッケージに付いているバーコードと13桁の数字が記載されてるのを見たことありますよね?あれです。あれがJANコードです。

 

JANコードを取得すると新規出品が簡単に!

冒頭でも述べましたが、アマゾンでJANコードなしに商品を新規出品する場合は、かなり面倒な申請や手続きが必要となります。

 

なぜなら、Amazonでは基本的にJANコードがない商品の出品は認めていないからです。JANコードなしでの出品はあくまで例外です。基本的にはJANコードを付けて出品する必要があります。

 

ですので、JANコードを取得しておくことをオススメします。JANコードを取得すれば、いつでも新規出品が簡単にできるようになります。

 

これが、JANコードを取得する大きな理由の一つです。

 

JANコードを取得するには

さて、そんな便利なJANコードですが、個人でも簡単に取得することができます。

 

まずは『バーコード利用の手引き』という冊子を買って下さい。税込みで1200円です。全国の商工会議所または商工会で売っています。

 

もし、買いに行くのが面倒な場合は、Amazonでも送料無料で売ってますので、そちらから取り寄せるといいです。

バーコード利用の手引き GS1事業者コード(JAN企業コード)登録申請書付

 

冊子を手に入れたら、登録申請書が付いているので、冊子を参考に登録申請書に必要事項を記載し、冊子に付いてる払込用紙を持って郵便局にて登録申請料を振り込んで下さい。

 

登録申請料は、年商によって変わりますが、初めてAmazon販売に挑戦する人やAmazon販売初心者の場合は、申請料は10,800円になるかと思います。ちなみに、申請料は3年ごとに払って、更新していく必要があります。

 

後は、申請料の領収書のコピーを登録申請書に貼付けて、近所の商工会議所または商工会へ持っていくか、流通システム開発センターへ郵送するだけです。

 

2週間ほどで、登録通知書が届き、JANコードが取得できます。

 

もし、記入の際に分からないことがあったら、近所の商工会議所または商工会、もしくは流通システム開発センターへ気軽に問い合わせてみましょう。

 

JANコードの作成方法

登録通知書にJANコードが記載されてますが、このコードは正確にはJAN企業コード(事業者コード)といい9桁の数字が記載されてます。

 

JANコードは13桁なので、このままだとAmazonで新規出品の際にJANコードを入力できません。

 

残りの4桁はアイテムコード3桁とチェックデジットという番号が1桁が入ります。ちなみに、アイテムコードは000~999まで入れることができるので、実質1000個分の商品のJANコードを作成することができます。

 

http://www.dsri.jp/jan/check_digit.htm

 

上記のURLのJANコード (標準タイプ13桁)の空欄にJAN企業コード9桁とアイテムコード3桁を入れ、「計算」をクリックします。するとチェックデジットの空欄に数字1桁が出るので、13桁のJANコードが完成します。

 

さいごに

もし相乗り出品するだけなら、そもそもJANコードを取得する必要はありません。

 

ですが、このブログでは、これから中国輸入を始める人も、遅かれ早かれAmazonで新規出品をしていくことを勧めていますので、今すぐJANコードが必要ない人も頭の片隅に置いておいて下さい。

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*