Amazonでの出品の際は、商標権に気をつけよう!

アマゾン 商標権

Amazonで商品を出品する際、商標権というのに気をつけなければなりません。

 

なぜなら、これを知らずに出品すると、最悪あなたのAmazonの出品アカウントが停止・閉鎖されてしまう恐れがあるからです。

 

今回は、そういったことを避けるべく、商標の調べ方や出品を控えた方がよい商品ページについて説明します。

 

商標とは

分かり易い例で言えば、よく商品や商品のパッケージなどに、その会社のロゴやマークが入っているのを見たことあると思いますが、あれが商標になります。

 

そして、その商標を特許庁に出願して登録されると、その商標が権利として法的に保護されることとなります。

 

Amazonの場合は、全く同じ商品だとしても、商標権を取得しているセラーの商品ページで出品すると、アカウント停止・閉鎖の恐れがあるため、商標権に細心の注意を払わなければなりません。

 

商標権を持っている権利者がAmazonに申告すれば、即アカウント停止の可能性があるからです。

 

Amazonのセラーは、この商標権を利用して商品やパッケージに自社ブランド名のロゴを印字し、相乗り出品されない環境を作り、自分の商品ページで独占販売していることが多いです。

 

個人でも商標登録できるので、セラーの中には商標を取っている方が結構います。

聞いたことも見たこともないブランドでも、ロゴが入っている場合は、気をつけなければなりません。

 

商標登録されている疑いのある商品ページ

リサーチ時などに、結構売れている商品なのに、出品者1人だけが出品して、他に出品者がいない商品ページを見たことがないですか?

 

大体そういう商品は、ブランドやショップのロゴが商品や箱に入っており、商品画像でそのロゴを確認することができます。

 

例えば、こちらの商品。

 

Amazon 商標 商品ページ

 

スマホを取り付けることができる車載ホルダーで、見た目からして、中国輸入でも仕入れることができるであろう商品です。

 

ところが、商品画像をよく見て下さい。下は商品画像を拡大して見たところです。

 

amazon 商品画像 拡大

 

ロゴが商品に印字されているのが分かりますか?

 

しかも、出品者が一人しかいません。

 

怪しいので、商標登録されているか調べてみましょう。

 

商標登録されているか調べる方法

商標権を取得しているかどうかは、以下のサイトにて簡単に検索できます。

 

特許情報プラットフォーム

 

サイトに訪れたら、赤枠の箇所をクリックし、「商標を探す」を選択し、キーワードを打ち込み、検索するだけです。

今回は、先ほどの商品のロゴで検索してます。

 

商標 検索 商品

 

検索すると2件ヒットしました。

 

商標検索 結果

 

「2件」と書かれているところか、「一覧表示」というところをクリックしましょう。

すると・・・

 

商標権 一覧表示

 

上の画像の一番右のステータスを見ると、

どうやら、商標登録出願して審査中もしくは審査待ちの状態みたいですね。

 

左側の番号をクリックすると、詳しい情報を見ることができます。

 

商標権 詳細画面

 

赤枠の箇所を見ても、Amazonの商品と同じですね。

 

というわけで、こちらの商品ページにて出品するのはやめましょう。

※今回の場合は、審査中・審査待ち状態なので、相手はまだ商標を取得した訳ではないですが、

 止めた方が無難です。

 

商標登録されていないと思われる商品ページの場合

では、商品ページを見たら、商品やパッケージにオリジナルのロゴがあるけれど、商標検索かけても登録されていなかった(出願もされていなかった)場合はどうでしょうか。

出品者は一人しかいないという状況です。

 

この場合、基本的には、あなたがその商品ページにある商品と全く同じロゴが刻印されている商品を用意すれば、Amazonでは同一商品とみなされ、同じページで出品しても大丈夫ということになります。

 

ただし、仮に出品しても、その商品ページの作成者(そこの商品ページで独占状態で出品している出品者)から、対策されたり抵抗・妨害される可能性が大きいので、結局は止めたほうがいいです。

 

まとめ

商標権を侵害してAmazonの出品アカウントを停止された方は結構多くいます。

 

ですので、一人しか出品者がおらず、かつ、オリジナルのロゴが商品やパッケージに印字された商品ページでの出品は、控えるようにしましょう。

メルマガ登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*